Villa Investment

ヴィラという言葉は残念ながら日本ではあまりなじみのない言葉であることは確かだが、海外に目を向けると富裕層はヴィラオーナーであることが非常に多い。

ニュースで紹介しているラグジュアリーリトリートは、ヴィラオーナーから本人が使用しない時期のヴィラをレンタルして旅行宿泊商品として販売している例だが、このようなサービスカンパニーが東京や沖縄、北海道、京都などを皮切りに生まれてくる可能性も非常に高い。
それは、日本でヴィラオーナーになり(ヴィラ事業に投資し)、自分が使用しない間は貸し出して収益を売る手段として認知が高まってくる可能性を意味している。
東京オリンピックパラリンピックに向けても、あるいは日本の国家戦略としても、海外富裕層インバウンドに力を入れ続けることは必須となっており、その際に彼らが宿泊する場所が意外と少ないという現実が日本にはある。

このようなビジネスチャンスからヴィラ投資を日本においてコーディネートする役割を当社が担っていくことはおよそ必然の話で、関係各所との連携を始めだしている。

ヴィラ投資に関するお問い合わせは、下記問い合わせページよりお願いいたします。
お問い合わせはこちら