仙台の建設会社深松組が宮古島で富裕層向けリゾート開発に着手

写真:©ヴィラブリゾート

建設業を営む深松組(仙台市)が宮古島市伊良部でヴィラタイプの宿泊施設「ヴィラブリゾート」を購入し、2019年6月の完成を目指す。

伊良部島近隣では2019年に下地島空港の旅客ターミナルが開業予定で観光客数の増加が期待される。客室単価5万円台というヴィラと、手頃な価格帯のホテルの二つを展開して多様なニーズに対応する。ホテルの隣接地には賃貸マンション32戸も建設する予定だ。

また、宮古島を拠点としたベイクルーズを展開するクルーズ船「モンブラン」も購入した。運航会社となる「はやて」はたびのレシピが完全子会社化し、従業員を継続雇用して事業を続ける。

宮古島では建設業の活況で人手不足が続く。深松組は復興需要が落ち着いてきた東北から人材を送り込み、取り組みを加速させる考えだ。

深松社長は「宮古島の景気の良さに驚き、進出を決めた。下地島空港はプライベートジェットも入ってくる見込みで、世界の富裕層を呼び込み、宮古島の魅力を発信したい」と語った。

戸建ての宿泊施設が全6棟、宿泊者のみが利用できるプライベートビーチも備えています。国内外の旅行客をターゲットにし、ヴィラブリゾートをきっかけに東北への誘客にもつなげたいと考えています。

■物件名 ヴィラブリゾート Villabu Resort
■所在地 〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部字伊良部817
TEL:0980-78-6777/FAX:0980-78-6778

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層向け医療ツーリズム情報などの富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。

関連記事一覧

  1. ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ

  2. 別荘ではないサード・プレイスという概念

  3. カトープレジャーグループが、バケーションレンタル方式の新施設を熱海に開業

  4. バケーションレンタル向けラグジュアリーヴィラ投資

  5. 民泊の米ホームアウェイ、福岡近郊で別荘シェア

  6. ヴィラのオーナーになるという選択