米ヴァカーサ資金調達でバケーションレンタル事業拡大

バケーションレンタル仲介会社の米ヴァカーサ(Vacasa)は、シリーズBラウンドで複数の投資会社から1億350万ドル(約116億円)を調達したことを明らかにした。ヴァカーサは、民泊仲介最大手のエアビーアンドビー(Airbnb)や ホームアウェイ(HomeAway)とは異なり、フルサービスの高級物件を専門に扱う。

P2Pのサービスを基本とする同業のエアビーは競争相手ではなく、テクノロジーの面におけるパートナーと捉えているという。しかし、エアビーは2017年から富裕層向けのフルサービスのバケーションレンタルを展開してきたカナダのラグジュアリー・リトリーツ(Luxury Retreats)を3億ドルで買収している。旅行業界の専門家らは、高級物件のレンタル市場は今後、観光業においても特に成長が見込める分野だと見ている。

ヴァカーサは現在、米国内のほか欧州、中南米、南アフリカでレンタル用の物件を管理している。調達した資金は新規市場への進出と、中核となる技術プラットフォームの拡充に充てる考えだ。今後、アジアでもサービスを提供する可能性もあるだろう。

ルート・アンド・パートナーズでは富裕層マーケティングリサーチのほか、富裕層を顧客とすることを目指した企業に対する多方面の戦略コンサルティングオプションを保有しています。詳しくはルートアンドパートナーズへお問合せください。