カトープレジャーグループが、バケーションレンタル方式の新施設を熱海に開業

欧米に比べてまだまだバケーションレンタルが一般的とは言えない日本でも、熱海ふふなどの旅館などを運営するカトープレジャーグループが、2017年5月熱海にバケーションレンタル方式の新たな施設をオープンした。

新施設「グランディヴィラ うみともりとかぜ」は、4つのゲストルーム、リビング、ダイニング、キッチンの他、温泉まで備えるラグジュアリーヴィラだ。最大11名まで利用可能で、家族でゆったり過ごす以外にも、海外富裕層の間でよく見られるような小規模グループでバカンスを楽しむという使い方も十分に可能だろう。

市場が順調に成長していけば、当然不動産投資という観点からも国内外の富裕層の注目がますます高まっていくはずだ。今後のラグジュアリーヴィラの動向はぜひともウォッチしておきたいところだ。

関連記事一覧

  1. 仙台の建設会社深松組が宮古島で富裕層向けリゾート開発に着手

  2. バケーションレンタル向けラグジュアリーヴィラ投資

  3. 別荘ではないサード・プレイスという概念

  4. 全世界のハイエンド旅行事業に衝撃

  5. 民泊の米ホームアウェイ、福岡近郊で別荘シェア

  6. ヴィラのオーナーになるという選択