バケーションレンタル向けラグジュアリーヴィラ投資

2009年にオレゴン州ポートランドを拠点に設立されたヴァカーサ。富裕層向けのフルサービスのバケーションレンタル物件を専門に扱う会社だが、ここ数年事業拡大に積極的な動きを見せている。2016年に実施した約4,000万ドルの資金調達に続き、2017年はさらに大きな1億350万ドルの資金調達を実施。

また、民泊最大手のエアビーアンドビーがバケーションレンタル事業に大きな投資をしたことも、旅行業界を中心に大きな注目を集めた。2017年2月に、ヴァカーサと同様に富裕層向けのフルサービスのバケーションレンタルを展開してきたカナダのラグジュアリー・リトリーツを3億ドルで買収したのだ。

旅行業界の専門家からも、「ラグジュアリーヴィラなどの高級物件のレンタル市場は、今後も成長が見込める分野のひとつで、観光業にとっても非常に重要である」との声が出ている。

関連記事一覧

  1. ヴィラのオーナーになるという選択

  2. 別荘ではないサード・プレイスという概念

  3. 民泊の米ホームアウェイ、福岡近郊で別荘シェア

  4. カトープレジャーグループが、バケーションレンタル方式の新施設を熱海に開業

  5. 全世界のハイエンド旅行事業に衝撃

  6. 仙台の建設会社深松組が宮古島で富裕層向けリゾート開発に着手