全世界のハイエンド旅行事業に衝撃

AirbnbがLuxury Retreatsを買収しハイエンドビジネスに参入

全世界のラグジュアリーヴィラオーナーから物件を預かり、世界の富裕層顧客に宿泊を薦めるマッチングビジネスとしてハイエンドトラベル業界に君臨するラグジュアリーリトリート。2017年2月にAirbnbによる2億ドルでの買収が発表された。
ラグジュアリーリトリートの契約ヴィラはなんと世界で1000を超える。ラグジュアリーヴィラのほとんどが彼らと契約しているといっても過言ではないだろう。
Airbnbが親会社となることでその情報流通が格段に増すのは明らかだが、一方でハイエンド情報が既存のAirbnbの情報流通網ではたして流通するのか、という疑問も業界内で囁かれている。

我々の考えは「量は質を凌駕する」だ。確率論からいっても多くのAirbnb利用者の中にハイエンド旅行者が含まれていないわけはなく、的を得た資本業務提携と映る。
日本人富裕層にはなじみが薄いかもしれないが、ヴィラには多くの人数で泊まることができる。実は一人あたりの料金がホテルをかなり下回るケースすらある。
ラグジュアリーヴィラの使い勝手を広く知らしめるためにも、今回の提携を機にラグジュアリーリトリートにはその存在をさらにクローズアップしてもらいたいと思っている。

関連記事一覧

  1. ヴィラのオーナーになるという選択

  2. 別荘ではないサード・プレイスという概念

  3. カトープレジャーグループが、バケーションレンタル方式の新施設を熱海に開業

  4. バケーションレンタル向けラグジュアリーヴィラ投資

  5. 仙台の建設会社深松組が宮古島で富裕層向けリゾート開発に着手

  6. 民泊の米ホームアウェイ、福岡近郊で別荘シェア